仙台 空港。 いまイチオシのお土産品をご紹介|仙台国際空港|Sendai International Airport Co.,Ltd.

いまイチオシのお土産品をご紹介|仙台国際空港|Sendai International Airport Co.,Ltd.

空港 仙台 空港 仙台

基本的に、A滑走路はなどの小型機、B滑走路はなどの中型機や大型機が使用するが、などの小型機も訓練のために、(ILS)が使用できるB滑走路を使用する。 1991年 - 1997年 : アシアナ航空• 有料待合室• ジェット機用ゲート : 14バース(国際線用 3バース、国内線用 10バース、際内共用 1バース)• 1984年 - 2009年 : 全日本空輸• 所要時間や運賃を比較すると、仙台・東京間の移動については、航空機が不利で、鉄道が有利だった。 もう、二度とラウンジを使用したくないと思いましたね。

15

電車でお越しの方|仙台国際空港|Sendai International Airport Co.,Ltd.

空港 仙台 空港 仙台

平成10年3月には、増大する航空需要と高まる国際化の期待に対応するため滑走路3,000mとして共用が開始され、東北と海外を結ぶ拠点として十分機能できる空港となりました。 ・(ホノルル)• 宮城県登米市で農業を営む秋山さんが、特別な農法で生み出したお米は、これまで自家消費米としてたった一軒の生産農家しか口にできなかったそうです。

1

仙台空港

空港 仙台 空港 仙台

1981年(昭和56年)における仙台空港の旅客総数は約150万人だった。

9

Osaka Airport → Sendai Airport

空港 仙台 空港 仙台

2万人の乗降客数を記録した。 1991年 - 1994年 :• レストラン・コンビニ• その後は回復基調となり、2007年(平成19年)度には35. に全日本空輸・AIRDO・IBEXエアラインズ 、に日本航空の定期便が再開。 運休も相次ぎ、V字回復するには至らなかった。

15

エアアジア事業廃止、期待の中部線「残念」 仙台空港・宮城県

空港 仙台 空港 仙台

2003年 - 2012年 :• に停車するの車両(2008年1月)• 中型ジェット機 : 4バース• 乗客や老人ホームなどの地域住民、空港職員ら約1600人がターミナル3階に避難し、が開放されたほか、土産物屋に陳列されていた水や菓子が配布された。 仙台空港俯瞰 宮城県中南部の海岸にほど近い、のから南南東14kmほどのところに位置し、であるで結ばれている。

15

仙台空港

空港 仙台 空港 仙台

税関検査場 貨物ターミナル [ ] 「」も参照 年度別乗降客数 年度 乗降客数(人) 国内線 国際線 合計 1978年 1,059,056 0 1,059,056 1979年 1,298,850 10,832 1,309,682 1980年 1,405,083 17,595 1,422,678 1981年 1,522,252 11,881 1,534,133 1982年 1,311,619 7,140 1,318,759 1983年 1,126,937 2,792 1,129,729 1984年 1,212,063 3,966 1,216,029 1985年 1,050,480 2,924 1,053,404 1986年 1,033,847 3,105 1,036,952 1987年 1,137,747 5,306 1,143,053 1988年 1,157,007 6,711 1,163,718 1989年 1,339,803 11,166 1,350,969 1990年 1,528,234 89,033 1,617,267 1991年 1,632,235 180,445 1,812,680 1992年 1,764,229 232,410 1,996,639 1993年 1,935,526 279,455 2,214,981 1994年 2,140,887 336,099 2,476,986 1995年 2,407,132 407,907 2,815,039 1996年 2,628,534 442,452 3,070,986 1997年 2,803,163 417,806 3,220,969 1998年 2,836,773 401,982 3,238,755 1999年 2,964,603 420,032 3,384,635 2000年 2,774,526 471,699 3,246,225 2001年 2,853,545 392,043 3,245,588 2002年 2,857,099 395,479 3,252,578 2003年 2,892,773 251,103 3,143,876 2004年 2,916,016 307,151 3,223,167 2005年 2,955,977 288,515 3,244,492 2006年 3,047,955 339,508 3,387,463 2007年 2,973,505 349,621 3,323,126 2008年 2,686,360 260,705 2,947,065 2009年 2,552,515 246,385 2,798,900 2010年 2,363,415 258,872 2,622,287 2011年 1,776,717 69,246 1,845,963 2012年 2,513,227 186,421 2,699,648 2013年 2,989,413 175,202 3,164,615 2014年 3,072,541 167,029 3,239,570 2015年 2,954,079 160,169 3,114,248 2016年 2,937,046 225,551 3,162,597 2017年 3,158,572 280,667 3,439,239 2018年 3,301,361 311,377 3,612,738 2019年 3,339,048 378,995 3,718,043 乗降客数は(昭和43年)に年間10万人を超える程度だった が、(昭和50年)には年間54. 詳細はを参照。 2019年2月18日閲覧。

2