ぜん いん まき。 まきのきてい (Makinokitei)

まきのきてい (Makinokitei)

まき ぜん いん まき ぜん いん

漆ノ型 朧(おぼろ) 動きに大幅な緩急をつけ、敵を攪乱する歩行術。

13

院泉(いんぜん)霊能者紹介

まき ぜん いん まき ぜん いん

登場は後姿のみ。 胡蝶カナエと同じ 花の呼吸の剣士。 痣の発現直後や、限界を超えて失神した炭治郎を守るために、猗窩座に対しても使用した。

10

信州善光寺公式ホームページ

まき ぜん いん まき ぜん いん

戦闘後、実弥に過去の謝罪と感謝の言葉を告げ、鬼同然に崩れ去った。

15

土木現場で使われている!用語集

まき ぜん いん まき ぜん いん

養殖人間(ようしょくにんげん) 人工生命体。 玖ノ型 輝輝恩光(ききおんこう) 地面から炎が立ち上がる様な演出がされる技。 自撰家集に「拾遺愚草」、歌論書に「近代秀歌」「詠歌大概」「毎月抄」(まいげつしょう)等があり、日記に「明月記」その他多くの編著がある。

15

Web版 「むかしの道具」展

まき ぜん いん まき ぜん いん

蔵馬との試合では、画魔に妖力と機動力を封じられながらもキレ者である蔵馬を警戒し、魔笛霰弾射による遠距離攻撃を仕掛けるが、致命傷を与えられず、近距離戦で確実に倒すことに切り替え、右腕を氷の剣として、接近するが、シマネキ草の種を自分の中で発芽させるという捨て身の戦法からのシマネキ草の突きに腹部を貫かれて敗れる。

4

幽☆遊☆白書の登場人物一覧

まき ぜん いん まき ぜん いん

黒い色調の着物を着用。 壱ノ型 不知火(しらぬい) 炎を発するような勢いで突撃して一撃を放つ。

土木現場で使われている!用語集

まき ぜん いん まき ぜん いん

続く幻海戦では霊光鏡反衝で爆吐髑触葬の妖気を跳ね返されて敗北する。 草履の踵部分に仕込み刃が施してある。

6

かくれ里 (【旧店名】里の茶屋ぜん)

まき ぜん いん まき ぜん いん

参ノ型 晴嵐風樹(せいらんふうじゅ) 渦を巻くように斬りかかる。 作中当初はプレッシャーに弱く、緊張や恐怖が極限まで高まると気絶するように眠ってしまうも、それによって半覚醒状態となり、緊張から開放される事で本来の強さを発揮する。 smf-checkboxes-control--vertical. そのうえで「信じたいこと」を優先して信じるので、何度も騙されてきた。

18