富士通 プレス リリース。 富士通のDXを加速する顧客のエクスペリエンス管理(クアルトリクス合同会社 プレスリリース)

富士通のDXを加速する顧客のエクスペリエンス管理(クアルトリクス合同会社 プレスリリース)

リリース 富士通 プレス リリース 富士通 プレス

しかし、表情や振る舞いは、従事するタスクや人がそれぞれに育った文化的背景に依存して異なるため、作成したモデルは個別のモデルとならざるを得ず、様々な場面に応じて個別にAIモデルを開発しなければならないことが課題でした。 jp TEL:03-5958-1091 FAX:03-5958-1033. 通話内容の即時テキスト化や感情解析をはじめ、音声認識をベースとしたさまざまな機能を提供しており、応対品質と顧客満足度の向上を支援します。 クアルトリクスを用いると、調査までの期間、調査の期間、調査後からアクションまでの期間、経営層へのレポーティングまでの期間、あらゆる時間を短縮することが可能になります。

15

富士通のDXを加速する顧客のエクスペリエンス管理(クアルトリクス合同会社 プレスリリース)

リリース 富士通 プレス リリース 富士通 プレス

」 クアルトリクス カントリーマネージャー 熊代悟のコメント 「富士通は日本有数のグローバル企業でIT企業をけん引する存在です。 今後は10月1日付で、同推進室における東名阪地区のパートナー様支援部隊を新会社「富士通マーケティング」に移管し、同社のビジネスを強化してまいります。

11

アドバンスト・メディアと富士通が販売パートナー契約を締結|株式会社アドバンスト・メディアのプレスリリース

リリース 富士通 プレス リリース 富士通 プレス

本AIモデルにより、e-learningでの集中度やデスクワークへの没入状態、工場の組み立て作業の集中度合いなど、様々なタスクにおける集中、非集中の状態を、0. 音声認識エンジンにディープラーニングの発展技術であるリカレトニューラルネットワークの「LSTM(Long Short-Term Memory)」を実装しており、高い認識率を誇ります。

9

【プレスリリース】富士通ビジネスシステムが、「富士通マーケティング」に社名変更

リリース 富士通 プレス リリース 富士通 プレス

この結果は、e-learningに対する生徒の集中度合いを定量化する最新の国際学会の結果と比較しても、同等以上の高い精度を実現しており、本方式が文化的背景の違いに対して有効に機能していることを確認しました。

6

【プレスリリース】富士通ビジネスシステムが、「富士通マーケティング」に社名変更

リリース 富士通 プレス リリース 富士通 プレス

そして、今回のグローバルNPS調査の結果、DXに関する提案に期待が高まっていることがわかりました。 詳細と無料アカウントについては、www. 今後 今後、当社は、ニューノーマルな社会においてグローバルに拡大するオンライン授業やオンライン会議、営業活動などの様々なサービスへの本技術の適用拡大に向けて、AI倫理の観点も踏まえて検証をさらに進めるとともに、AI集中度推定モデルの実用化を目指し実証を進めます。

富士通研究所、様々なタスクにおける人の集中度を定量的に推定可能な汎用AIモデ..(Fujitsu Ltd プレスリリース)

リリース 富士通 プレス リリース 富士通 プレス

本技術により、コロナ禍でグローバルに利用が拡大するオンラインの授業や営業活動などの各種オンラインサービスにおいて、デジタル化された参加者の集中状態のデータを活用したAIの支援により、オンラインで取り組む人のタスクや業務の効率化、生産性の向上が可能になります。 さらに、人の集中状態の教師データを収集する際に、タスク固有の振る舞いが生じないように設計された探索や記憶を行う課題などの作業を、日米中の延べ650人で実施した結果をデータセットとして構築し、本データセットを用いて学習させることにより、特定のタスクに依存しない、汎用的な集中度推定AIモデルの作成に成功しました。 。

16

【プレスリリース】富士通ビジネスシステムが、「富士通マーケティング」に社名変更

リリース 富士通 プレス リリース 富士通 プレス

世界中の大企業13,000社超に、継続して人々に愛されるプロダクトの提供や、より多くのロイヤルカスタマーの獲得や、素晴らしい従業員文化の創造、あるいはアイコンとなるブランドを創るためにクアルトリクスを利用いただいております。 クアルトリクスを利用いただいている企業には、意思決定までのスピードが速くなったという声を多く頂いています。 コンタクトセンター業界では、慢性的な人手不足や複雑なオペレーションといった課題に加え、在宅勤務・クラウド型コンタクトセンターなど、多様化する運用体制への対応も急務となっています。

8